カンタンに理解できる IT機器の基礎知識

カンタンに理解できる IT機器の基礎知識

サーバーとパソコンの違いについて

新聞やニュースで、パソコン関連の記事があるとだいたいサーバーという単語が出てきます。しかし、私はサーバーとパソコンの違いについて分からなかったので、調べてみることにしました。サーバーとは、インターネットやLANなどのネットワーク上で、他のパソコンにいろいろな機能やサービスを提供するコンピューターのことを指すそうです。サーバー向けのアプリケーションを搭載しており、パソコンの要求に応じてデータを送信したり処理したりします。サーバーに対して、サーバーからサービスを受けるパソコンのことをクライアントと呼ぶそうです。サーバーにも様々な種類があります。

例えば、メールを管理するメールサーバー、Webコンテンツを配信するサーバーなど、用途に応じてさまざまな種類のサーバーがあるそうです。サーバーというと、企業が使うものというイメージが強いです。実際、私の働いている会社もサーバーに支障が出たことによって、仕事を中断せざるを得ない時が何度かありました。このことから、サーバーの安全な運用が企業にとっていかに大事であるかが分かります。しかし、今では個人でもサーバーを利用する人が増えているそうです。またやり方は分からないのですが、自宅のパソコンをサーバーとして利用するという事もできるそうです。今回調べたことにより、サーバーとパソコンの違いが少しわかりました。この事をキッカケに、パソコンについてもっと調べてみたいと思います。

Copyright 2017 カンタンに理解できる IT機器の基礎知識 All Rights Reserved.